HOME>アーカイブ>管理会社の選び方と手順については事前に知っておくべき
男女

管理戸数は信頼の証

リロケーションは管理会社に入居に関する管理を依頼する事になります。管理会社を選ぶ必要があり、どこでも良いわけではなくリスク回避の為には一定の基準を満たしている管理会社を選ぶ事が重要です。何よりも重要なのは実績であり、管理戸数は実績をみる一つの指標となります。そもそもリロケーションは10年程前に導入された比較的新しい制度なので、専門的に力を入れている会社自体が少ない現状です。ノウハウも入居者募集には重要なので、しっかりとこの制度の事を理解している管理会社である事が大切です。それを見極める一つの指標が管理戸数になります。大切な家を一定期間預ける形になるので、実績がある会社の方が信頼でき安心です。

管理会社の探し方と注意点

管理会社を探す際は、専門にしている会社はホームページを用意しているのでネットで探すとよいでしょう。いくつかの実績のある管理会社の資料を請求し、リロケーションに関する費用や手続きについて情報収集を行います。その後絞った管理会社の相談員と面談して、条件や内容について詰めていきます。重要なのは会社を決める前の相談員との話し合いで、リロケーションを行うのにリフォーム等が必要になる場合もあります。契約後それら費用が必要なリフォームが必要だと言われない様に、この話し合いの際に確認しておく事が重要です。

契約終了の手順も確認しておく事

入居者の条件を決める事は大切ですが、基本的に管理会社の考えを頂く形になります。リロケーションが開始されると、一定期間毎に家賃収入が振り込まれ、定期的に巡回結果報告を受ける形になります。賃貸に出していた家に帰る事が決まった際は、すぐに管理会社に連絡し伝えます。すぐに戻る事は法律上難しく、法律上1年前から半年以上前に入居者に伝える事が必要です。怠ると通常の賃貸契約になるので予定通り家に戻る事ができなくなります。リロケーション管理会社と契約する際は、終了する手順も確認しておく必要があります。会社によって何か月前に連絡しないといけない等異なるからです。

広告募集中